高血圧は、1回の測定で判断してはいけない
収縮期(最高)血圧が160以上あるいは拡張期(最低)血圧が95以上を高血圧と言います。ただし、これは1回の測定だけでは判断しません。血圧は1日の中でも常に変化するからです。

血圧が高くなる原因
血圧が高くなる原因は、遺伝的な要因もありますが、ほとんどが肥満や運動不足、過剰な塩分の取りすぎ、アルコール摂取の多さが原因していることが多いです。

高血圧の90%以上は、特別な病気もなく、原因が特定できないというもので、本態性高血圧症と呼ばれています。原因が特定できないのですが、腎臓の血管が細かったり、ホルモンの病気が原因の場合もあります。

また一時的な高血圧でも血流は速くなって血管の壁を傷め、弾力を弱めて細くします。血圧が高い状態を長年放置しますと、心筋梗塞や脳卒中、腎臓病などの合併症を引き起こすことがわかっています。

高血圧の治療
高血圧の予防と治療には、適度な運動とダイエット、ストレス発散、減塩、睡眠不足など毎日の生活習慣を見直すことが必要になってきます。

血圧を1週間後あるいは1ヶ月後にもう一度測ってみて、それでも下がっていない場合に初めて降圧剤を使うことを考えます。降圧剤は生活習慣を見直し、それでも下がらない場合に使います。

降圧剤の目的
その最終的な目的は、脳卒中や心臓病、腎臓病などの合併症を防ぎ、寿命を延長することにあります。血圧が高いほど、治療による効果は大きいようです。

治療目的を達成するためには、ずっと適切な血圧を保つ必要があります。血圧が下がったからといって、降圧剤をやめると血圧は再び上昇し、あわてて飲んでまた下げるといったことを繰り返すのはよくありません。

血圧を本当に下げなければいけないのかを判断するために、血圧が短時間で上がる原因、長い目で見て血圧が上がる原因、長期間の影響で高血圧の合併症を起こしやすくする要因などを理解しておく必要があります


カテゴリー

高血圧症の治療と予防
生活習慣の修正は全ての高血圧患者に必須です。それでも血圧が140/90mmHg以下に低下しない場合は、降圧剤治療を行います。生活習慣の修正で経過観察する期間は心血管病のリスクの高さによって異なっています
高血圧症治療(合併症の場合)
高血圧は、糖尿病や脂質異常症など他の疾患との合併症や脳の合併症として、脳卒中を起こすことがあります。心疾患や腎疾患などの合併症もあります。そういう場合の治療について情報を提供しています
高血圧症の食事療法
高血圧に良い食事とは、どんなものがあるでしょう。高血圧を予防する食材を紹介しながら、上手な食事の取り方についても紹介します
高血圧症にサプリメントや薬
サプリメント流行の昨今ですが、高血圧に良いとされるサプリメントを紹介します。いろいろなサプリメントがありますが、なるべく天然のものを摂りましょう。そして値段が安いからと言って安易に飛びつくのは止めましょう。サプリメントの質にこだわりましょう
高血圧症とストレス予防対策
現代人は普段から様々なストレスに囲まれて生活しています。高血圧に限らず、いろいろな病気にも過度のストレスは大敵です。一般にストレスに負けやすい人というのは、おもに4つのタイプに分けられます